債務整理とはどのようなもの?

債務整理という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
債務整理の中で一番有名な方法が、自己破産というものなので、この言葉は聞いたことがあると思います。
自己破産とは、これまでの借金をすべて返済の必要がないように処理することを言います。
これは一見すると、非常に便利な手段のように感じるものです。
いくらの借金であっても、一度になかったことにできる方法だからです。
債務整理の無料相談をしてくれる弁護士事務所もあります。

しかし債務整理には良いことばかりではありません。
もし本当に債務整理をするのであれば、やはり債務整理のデメリットについても良く理解している必要があります。
債務整理のデメリットとは、信用情報にキズが付いてしまうということです。

借金をする時、クレジットカードを作る時には、信用情報機関というところの情報を参考にして、会社はお金を貸すのか、クレジットカードを作るのかを判断します。
しかし債務整理をしてしまうと、この信用情報にキズがついてしまいます。
つまり次に借金をすること、クレジットカードを作る時に、マイナスの情報が載っているということになります。
一度債務整理をすると、少なくとも半年は記録が残ることになります。